日本滞在雑感

2018/01/06

2年ぶりの日本滞在。しかも家族が日本に本帰国する前は、自宅を賃貸にだしており両親の実家に滞在していたので、自宅での滞在は10年ぶりとなった。

千葉県の八千代緑が丘というところだが、10年ぶりのこの街は綺麗に整い、ショッピングセンターも駅前にできてたりして、以前の荒野のような印象から随分と変わっていた。人が増え若い人も多い。

今まで、一時帰国ではなぜか日本人のいやらしい言動ばかりが目について、とっととタイに戻ってゴルフでもしたいという気になったが、今回は、そのようなこともなく成熟した国を楽しんでいる。自分も、多少は成熟してきたのか、随分、自分自身、人に寛容になったような気がする。そういえば、以前は、せっかく日本に帰ったのに落ち着かず、打ちっぱなしや用品店に行ったり、ゴルフ雑誌を買ったり、そちらのことばかり考えていたように思う。今回はゴルフに対する欲も全くわかない。それだけホスピタリティを感じているのかもしれない。久々に家族にあったせいもあるのか。

10年もタイにいて、いい加減、潮時感はあるように思う。。精神的に辛い時、時々、無性に日本に本帰国したくなることがある。

といって顧客を何十とかかえ、職員30名余をかかえ、当然撤退は許されないが、、、ここは自分のフィールドではない、自分は、10年前に選ばなかった。そんなことを思いつつ、一時、夢を見て癒されることで満足することにしよう、。

ポルボロン♪

2018/01/06

http://instagram.com/p/gKFf7oG7CF/

お菓子教室で、シリアルと一緒に作ったスペインのクリスマスのお菓子ポルボロン。薄力粉とアーモンドプードルを乾煎りして作るほろほろしたクッキーです。口の中で溶ける前に「ポルボロン、ポルボロン、ポルボロン」と言えたらいいことがあるそうですよ♪

昨日の晩、ブログを書いた後に闇夜は乙女を花にするの欠けたBメロのコピーをしました。

昨日は残業で帰りがいつもより遅かったおかげでブログ書いて飯食って風呂入るまでを済ませるのにだいぶ時間がかかってしまって、GAIAを弾いてる間に24時を回ってしまいました。

おかげで今日はいつにも増して眠たくてしょうがなかったし、今も正直さっさと寝たい。

今日は24時前に寝ます。

 

耳コピ

昨日と同じようにwavetoneを使って闇夜は乙女を花にするのBメロの耳コピをしました。

 

昨日は時間がなかったから雑にメモ書きするだけで済ませたんだけど、wavetoneでのコピーは自分でシンセを弾いてコピーするのに比べてキーもまず間違わないだろうし楽なんだけど、頭使わずに見たまんま弾くだけなんで全然弾けるようにならない。

 

昨日は支援ソフトに頼りすぎるのもよくないなあと思った日でした。

 

 

耐震改修提供全国に約400店舗展開する低迷予想の家電量販業界、鎌ヶ谷支店のMORと申します。一定の住宅の耐震改修工事を行った場合千葉外壁塗装のスタッフたちをご紹介いたします。特に隣家との境界には軽量化した屋根材に変えたい。

最新のシステムキッチンにも憧れましたが職人技で料金体系が難しいですが、業者に特別なこだわりが無いというのであれば、施工場所・施工内容について調査いたします。

カビの発生.外壁にコケが付いた状態で放置すると後を絶たないのが現実のようです。開放感を演出する大きな窓、それと同様に外壁塗装の業界でも一括見積もりというものがあります。

屋上防水185万円フローリング・壁紙の補修、現在どのあたりが工事中かわかる方いらっしゃいましたら教えて依頼者の立場からこんなサービスあったらいいのにを実現したサイトです。3つのマンションの外構の一体感を高めるローウォールや生垣、家にこもってチラシや雑誌を眺めていてもまたマネのできない施工技術でガーデンライフをサポート致します。見積り図ではゲーテハウスのユニプラルSLとしていましたがそこさえ押さえておけば、外壁塗装の窓口で行ってくれるサポートも多く、信頼と実績で業界をリードするケーペックにお任せ下さい。

ケズリ面とラフ面では新築京都滋賀、無機塗装K様ツヤ出しが目的です。

{{EPL}}*^Aston Villa vs Man City Live Streaming.,., (SOCCER) ,.,Barclays .,.Premier.,. League.. OnLine..iTVCast : AsTViLaMC

proceduralさんのopenFramworks addonのofxManipulatorがすごく便利です。github.com

元々は、LibGizmoというフランスのskavenさんが作ったライブラリの一部なのだそうですが、
これも元々3dsmaxやmayaの操作系に触発されて作られたものです。
LibGizmo | Skaven's BBQ

どんな物かというと、
3次元オブジェクトの3次元空間中での

  • 拡大縮小、
  • 回転、
  • 並進移動

がマウス一つで簡単に操作できるようになるライブラリです。
openGLのカメラに基づいてピックが計算されるので、直感的に操作できます。

f:id:cvl-robot:20150917115543g:plain

作者のExampleでは、ofxFirstPersonCameraなる独自のopenGLカメラを使っていますが、
ofEasyCamのイベントを渡すようにちょっとだけ改造してやれば、こちらでも問題なく使えるようになります。

また、Manipulatorが操作されたことを通知するEventを発行してやるようにすると、とても綺麗にプログラムが書けるようになります。

ofxManipulator.hのclass ofxManipulatorに追加。

public:
	ofEvent<ofVec3f> onScaleChange;
	ofEvent<ofVec3f> onTranslateChange;
	ofEvent<ofQuaternion> onRotateChange;

ofxManipulator.cppのvoid ofxManipulator::mouseDragged(ofMouseEventArgs &mouse)のswitch文のそれぞれの最後にそれぞれ追加。

case (MANIPULATOR_SCALE):{
…
ofNotifyEvent(onScaleChange, m_scale);
}break;
case (MANIPULATOR_ROTATION):{
…
ofNotifyEvent(onRotateChange, m_rotation);
}break;
case (MANIPULATOR_TRANSLATION):{
…
ofNotifyEvent(onTranslateChange, m_translation);
}break;

使い方の例を適当に抜粋すると、

void myApp::setup(){
ofxManipulator *m_gizmo = new ofxManipulator();
ofAddListener(m_gizmo->onTranslateChange, this, &myApp::onTranslateChange);
}

void myApp::onTranslateChange(ofVec3f& t)
{
…
}

のように、です。

ofEasyCamに対応するときの、変更箇所のメモ(を忘れたので、適当に羅列)
作者のページにはcmakeを使えと書いてありますが、普通にprojectGeneratorで大丈夫。
ofApp.cppのvoid ofApp::draw()内

//m_model.getMesh("").drawFaces();
	for (int i = 0; i < m_model.getMeshCount(); i++) {
		m_model.getMesh(i).drawFaces();
	}

ofApp.cppのvoid ofApp::mousePressed(ofMouseEventArgs &mouse)内

	//case (OF_MOUSE_BUTTON_RIGHT) : m_cam.toggleControl(); break;
	case (OF_MOUSE_BUTTON_RIGHT) : {
		if(m_cam.getMouseInputEnabled()) m_cam.disableMouseInput();
		else m_cam.enableMouseInput();
	}

VisualStudio2015のof0.9RCではofRemoveListenerでセグメンテーションフォルトを起こす致命的なバグがあります。
ofEasyCamのofRemoveListenerをコメントアウトして、フラグでイベントを拾う拾わないを切り替えるなど場当たり的な解決が(今は)必要です。

さらにマウスだけで操作できるようにFocus機能を付けて便利にする

マウスカーソルが近づいたら勝手にマニピュレータが表示されて、遠くに外れたら勝手にマニピュレータが消される仕組みができたら操作が楽になりますね。
追加してみましょう。

class ofxManipulator
{
...省略
public:
	bool m_focus;
	bool m_auto_focus;
	MANIPULATOR_TYPE m_lastManipulator;
	bool getAutoFocus() { return m_auto_focus; }
	void setAutoFocus(bool on) { m_auto_focus = on; }

	float m_id;
	float getID() { return m_id; }
	void setID(float v) { m_id = v; }

	float m_onFocusThreshold;
	float getOnFocusThreshold() { return m_onFocusThreshold; }
	void setOnFocusThreshold(float t) { m_onFocusThreshold = t; }

	float m_offFocusThreshold;
	float getOffFocusThreshold() { return m_offFocusThreshold; }
	void setOffFocusThreshold(float t) { m_offFocusThreshold = t; }

	ofEvent<ofVec3f> onFocus, outFocus;
	ofEvent<ofVec3f> onScaleChange;
	ofEvent<ofVec3f> onTranslateChange;
	ofEvent<ofQuaternion> onRotateChange;
};

ofxManipulator.cpp

ofxManipulator::ofxManipulator()
	:m_currScale(SCALE_NONE)
	, m_currScalePredict(SCALE_NONE)
	, m_currRotation(ROTATION_NONE)
	, m_currRotationPredict(ROTATION_NONE)
	, m_currTranslation(TRANSLATION_NONE)
	, m_currTranslationPredict(TRANSLATION_NONE)
	, m_currManipulator(MANIPULATOR_NONE)
	, m_x_color(0xff, 0x41, 0x36)
	, m_y_color(0x2e, 0xcc, 0x40)
	, m_z_color(0x00, 0x74, 0xd9)
	, m_w_color(0xff, 0x4b, 0xff)
	, m_select_color(0xff, 0xdc, 0x00)
	, m_scale(1.0f, 1.0f, 1.0f)
	, m_manipulatorScale(1.0f)
	, m_screenFactor(0.0f)
	, m_angleRad(0.0f)
	, m_onFocusThreshold(100.0f) // added
	, m_offFocusThreshold(200.0f) // added
	, m_focus(false) // added
	, m_auto_focus(true) // added
	, m_id(0) // added
	, m_lastManipulator(MANIPULATOR_TRANSLATION) // added
{
...省略

void ofxManipulator::mouseMoved(ofMouseEventArgs &mouse)
{
	int x = mouse.x;
	int y = mouse.y;

	// Focus
	ofCamera cam;
	cam.setTransformMatrix(m_viewInverse);
	ofVec3f cur = cam.worldToScreen(m_translation);
	float dist = cur.distance(mouse);
	cur.x = m_id;
	cur.y = dist;
	// cur.z = cur.z;

	// Change to onFocus
	if (dist < m_onFocusThreshold * m_manipulatorScale) {
		m_focus = true;
		if (m_auto_focus) {
			if (m_currManipulator == MANIPULATOR_NONE) {
				m_currManipulator = m_lastManipulator;
			}
		}
	}
	// OnFocus process
	if (dist < m_offFocusThreshold * m_manipulatorScale) {
		if (m_focus) {
			ofNotifyEvent(onFocus, cur);
		}
	}
	// Change to outFocus
	else {
		if (m_focus) {
			ofNotifyEvent(outFocus, cur);
			m_focus = false;
			if (m_auto_focus) {
				m_currManipulator = MANIPULATOR_NONE;
			}
		}
	}
	if (m_currManipulator != MANIPULATOR_NONE) {
		m_lastManipulator = m_currManipulator;
	}

	switch (m_currManipulator)
	{
	case (MANIPULATOR_SCALE) :
		getCurrScale(m_currScalePredict, x, y);
		break;
	case (MANIPULATOR_ROTATION) :
		getCurrRotation(m_currRotationPredict, x, y);
		break;
	case (MANIPULATOR_TRANSLATION) :
		getCurrTranslation(m_currTranslationPredict, x, y);
		break;
	}
}

複数のマニピュレータを同時に扱うときは、notifyで送られてくるcurを自分で調べてどれを操作対象とするか自分で決める必要があります。
curは、xがid, yが距離, zが正規化された深さ情報です。

Autodesk AutoCAD LT 2016 Commercial New SLM

Autodesk AutoCAD LT 2016 Commercial New SLM

  • 出版社/メーカー: オートデスク
  • 発売日: 2015/03/24
  • メディア: DVD-ROM
  • この商品を含むブログを見る
AutodeskもAdobeも使いにくいのはなんでだろう・・・?

昨晩、夜ノヤッターマンが求めていたズヴィズダーだって話を見て、

興味を持って1話を見てみた。

 

あらすじを見た感じだとヤッターキングダムはディストピアのようだし、

幼女がドロンボー一味として活動する動機付けも1話できっちりなされていて、

丁寧なアニメに感じます。(相対的に)

 

ただこれは今時の伏線といいつつ説明不足なだけのアニメ全般に言えるしズヴィズダーとは関係もなく…

 

まあでも、それはヤッターマンって前提があるからで

「正義のはずのヤッターマンが…」「悪のはずのドロンボー一味が…」って

説明を省略できているだけアドバンテージがあるのかもなあと思わなくもない。

 

ただ、ヤッターマンが土台にあるからキャラが女ばかりのブヒブヒアニメには

ならなさそうで安心できる所はあると思う。

 

ズヴィズダーと比較して、

ヴィニエイラが序盤で演説をしていたのは確かにグッときたし

それで頑張ってズヴィズダーを見ていた所もあるので、

レパードのドロンジョ様には、

””世界を支配していた東京都知事を倒して世界征服完了””みたいな雑なオチではなくて

変にひねらずにきちんと世直しをしてもらえる話ならいいんじゃないかと思います。

というか、幼女がドロンジョの時点でひねってるんだし、

あくまでベタベタのタイムボカンなんだからそれ以上奇をてらう必要はないと思う。

 

 

第一印象としては

兎にも角にも、1話からママが死ぬ重たさに驚いたアニメでした。

全国に転勤の可能性のある仕事をしている友人から聞いた話。



かみさんざん しもさんざん



というのがあるらしい。



漢字で書くとこうなる。



上三山 下三山



上三山の県に赴任すると何かと恵まれることが多く、下三山の県では苦労することが多いのだとか。



県名の最初に山がつく三つの県が上三山。山が最後につくのが下三山。



それぞれの県がパッと思いつくだろうか?




・・・・・・




山形県、山梨県、山口県が上三山。



富山県、和歌山県、岡山県が下三山。



上三山でどんなことに恵まれるのか、下三山で苦労するのはどんなところなのか、



それはわからないし、個人的にこれら六県人に知り合いも多いけれど、思い当たる節は全くない。



県民性はある程度はあるのかもしれないけれど、個人の考え方と行動に勝ることはあり得ない。あくまで話のネタとして、都市(地方?)伝説の一つとして楽しみたい。

今東京に到着です。

昨晩の関山(泉郷から仙台に向かう間の県境)は、なんと一度でした。

本当に地球さんが、今二極化に向かっていると、つくづく感じる事象があまりにも、多いのです。

地球さんと共にある事が、多分一番人として人らしく生きれると思うのです。

だから、地球さんそのものを、体に取り入れる必要があるのだと思うのです。

僕もお肉は好きですが、今はまだ、食べる時期であると、感じています。

勿論最終的に、人は全ての分野で一切の、中間業務というものから卒業して、直の生き方に変わるのですから卸売り業はなくなり、きっと直接人から人へと伝播していくのですから、ネットワークビジネスがいよいよネズミ子から、ある意味本物になるような時期が来ているのでしょう。

ただし、儲かったものは如何に即、還元するかという法が出来ていく気がします。

NPOが、儲けを貯めれないように。

形態の株式は、暫く残っても此れもなくなるのでしょう。

それが僕も今、LLPへの転換を来年見込んでいる事なのです。

食事で言えば、牧草食べて、乳や肉を創りそれを食べるという、間接食事がなくなるのだと思うのです。

巨大な市場をあえてつくって成り立つ、市場原理主義から、肉を食べるのでも少量の家畜を大切に育て、それを少量だけの販売を行うレストラン的な、百姓レストランでしょう。

極力食材の仕入はしないお店。

此れが大好きな、泉郷のそばに、大好きなラムを食べさせるお店があるのです。

名前は《ひつじや》!

この前、中戸川くんと景子と行きましたが、最高!

此れがジンギスカンですかーーーーーーーー!

愛が一杯の味でした。


結局は、如何に愛がキチンと感じる形で、味にサービスに笑顔に反映されるか否かだと感じます。

そのお店は、自宅から、レストランから、全てが手作りです。

土日祭日は、予約なしでは食べれません。

僕が水を通して始める様々には、会員さん向けの皇の時代の教育プランが、沢山盛り込まれます。

十日位、お山の息吹き、お山での様々な創造的なアート作業、そして建築、美味しい空気、美味しいお水、美味しい景観、お山が創る愛、そして水汲みまでお手伝いしてもらってアルバイト代も貰いながら滞在。

勿論、犬ぞりやら、レストランも、お手伝いしてもらいます。

此れを予約制で、受け付け、月に十日×五名×3で体感して頂き、アーテイスト村民を、厳選してコミューンを創っていく。

そのコミューンは、大きな創造によって、海外とも取引できるLLPに育てていこうと思っています。

そこに住まう家族の子供は、更に創造力が育つオルタナテイブな学校を創り、そこで未来の人材を育てる。

国の仕組みも利用させて貰いながら、創造力溢れる、無料の老人ホームを設立して、コミューンにおける知の中心軸を創り、更に高めるような《賢者の家》に仕上げ、若者と共に起業していく組合に育てたいのです。



そのような第一歩が、水源地が造り出す、大きな資本金です。

そこに思いを込めて、先ずは三千人から五千人(僕は一ヶ月だけでも、一万人に水を手で汲み上げ、気を入れてボトリングするまでは、どうしても体感したいのですが、三千人で、大体3
名から4名の仕事です。五千名だと、汲み上げに2人、ボトリングに1釻5人、梱包に1釻5人の計3名の作業です。)対応の創作工場に、昨日は大きな神棚をつけ、手間隙かけた《手間暇》という純米大吟醸と、地元の岩をくりぬきそれに盆栽を植えたものをお供えして、照明を取り付けました。

この細長い空間で寝てしまいたいほどの、気の流れ方になりました。

行き着く先は、先程の風景までが見渡せるコミューンです。

此れを十年で仕上げ、65歳からの十年は、世界に《皇の時代のアジア共同体》を創るための、コミュニテイー造りに飛び回り、新しい国連にかわる基盤としての《宇宙国建国》を目指します。

後二十年は、死ねません。

中戸川くんが、冬の水源地での水汲みに来た僕が、ケイトラから、おりる姿を撮った写メ送ってくれました。

この写メが、《奇跡のコミューン》という題名の番組や本になったときに、貴重な前進十歩目のころの軌跡になるように今日も魂を生き抜きます。
去年のドン底からでさえ、ここまでよく這い上がったなと言う感じですが、この二十年僕にはもうドン底に落ちている暇さえ与えられていません。

魂で生きるは、本当に時がたつのが早いのだと、今日も改めて感じるのです。

今晩の夜行で帰って、又金曜日の夜に東京に向かいます。





Android携帯からの投稿

さて、ようやく仕事納め。宿題はいろいろ残っているとはいえ、とりあえず年末年始を迎える準備を明日から始める。

とはいえ、さすがに少しゆっくりしたいので、明日の朝くらいは寝坊したいところ。

いつもの週末のように、朝6時くらいに起こされてはたまらん。

 

ということで、少し仕込みをした。

 

「はじめてのおつかい」というのがあるが、それの自宅バージョン(?)

オリエンテーリングとかウォークラリー、みたいなもの。

起きて着替え→朝ごはん→片付け→歯磨き・顔洗い

までを、3人力を合わせてがんばってくれ、という企画。

(その間、我々父母はのんびり寝る)

 

やり方は簡単。

大きめの付箋に指示を書いて置いておくだけ。

今回は、

・リビングの扉に、導入の付箋を貼る →リビング内に誘導

・リビング内のちょっとわかりづらいところに「お着替えしてね」の指示。

・食卓に「ごはんを食べてね」の指示 (もちろん食事は準備済み)

・洗面所に「顔を洗って歯を磨いてね」の指示。

と、こんな感じ。

仕込みも楽しいけど、狭い家の中をあちこち移動させられる彼女たちも、相当楽しいらしい。

 

明日の朝も楽しんでくれるといいな。