最初にyoutubeで中国語字幕を見て、自分なりにこういう訳かな?と

 

予測して、

 

答え合わせのようにDVDの日本語字幕を確認しています。

 

さすが、プロの翻訳者さんの訳はうまいな。

 

配不上人家

 

の訳は、

 

「彼らに自分たちは釣り合わない」という意味ですが

 

字幕では「手が届かない」となっていました。

 

 

中国語って、直訳すると日本語の台詞にしたときにぎこちなくなるので

 

日本語に訳すときはリライトするぐらいの気持ちで訳が意訳されてますね。

 

韓国語もそうだったけど。

 

 

ということで、いま音声と日本語字幕に気を付けながらDVDを見まくっています。

 

 

 

 

で、字幕とは関係ないのですが、観ていて思ったのですが

 

20話あたり(詳細なシーンはあとでまた書き足します)

 

ユーピンがヤングオに電話して、受話器を置く動作。

 

ジェリーが自分で持っているときはきれいな手なのですが

 

アップで、受話器を置くときの手が

 

なんだか浅黒くて、毛穴が目立って、

 

これ、絶対ジェリーの手じゃないでしょ!という手のアップが

 

ありました。

 

で、どうしよう、ジェリーの手だったら。

 

毛穴が目立つとか言って。

 

いやでも、ジェリーが自分で受話器を持っているときの手は

 

きれいなんですよ。白いんですよ。

 

でも、受話器を置く、手だけのカットではなぜか浅黒い、ちょっとしわがある。

 

毛穴が目立つ。やっぱりジェリーの手じゃないですよね。

 

あとでスタッフさんが、「手のアップが足りない!」というんで

 

あとから撮ったんですよね。

 

 

お、ちょっと待って。

 

ヤンドオ姉さんが仕事中に、何かを取ろうとして

 

サボテンのとげが手に刺さったけど

 

その手のアップもやっぱり

 

浅黒い、ちょっとしわがある手だった。

 

やっぱりこれは手タレ?ですね。

 

手タレというか、本人の手ではない。

 

ヤンドオ姉さんの手があんなに浅黒いわけないよーー。