どうも、こんにちは。

最近仕事やら何やらで寝不足が続いて、しんどいですね*1

そんな時、このニュースを発見。


ASCII.jp:8時間寝るために努力すれば、売上は伸びる=吉越浩一郎氏

トリンプインターナショナル日本法人代表として19期連続の増収増益を実現、売上高を1998年当時の100億円台から524億円まで5倍以上に伸ばした吉越氏。直営店モデル導入と共に「早朝会議」「がんばるタイム」など社内制度を導入、社員の生産性を高めたことでも知られている。

【8時間寝るための努力とは?】

成長するにつれ短くなり、成人では7~8時間前後、老人になると6時間前後になります。なお、日本人の成人の睡眠時間は、現在のところ少しずつ短くなる傾向にあります。

快適な睡眠環境をつくる | フランスベッドのベッド選び.com

人それぞれあるでしょうが、おおむね成人は8時間寝るというラインが適正ラインのようですね。ではどうやって8時間の睡眠を確保するか?という事に対し、吉越氏の考えがこうです。

仕事の対極とは何か?日本人は「休み」だと答える。仕事に「体力」を使っているためだ。一方、ヨーロッパ人は「遊び」と答える。仕事には「能力」を使い、遊びに体力を残しているのです。

「仕事には能力を使い、体力は遊びに残す」この言葉、今後のスローガンとして自分に言い聞かせていきたいですね!!

 

ちなみに、吉越氏の奥さんはフランス人で、吉越氏が仕事で遅く帰ると愚痴られるらしいwww仕事=人生とはならない生き方が羨ましい。

 

 

 

*1:+_+